ブログ一覧

歯を削る量が少ない虫歯治療!

こんにちは。目黒線奥沢駅前2Fで開業しておりますのKEI DENTAL CLINIC OKUSAWA@院長の羽場敬祐です。

半年待って念願のダイレクトボンディングの講習会に行ってきました!
講師は大学の先輩でずっと行きたいと思ってました!

ダイレクトボンディングとは、簡単に言うと小さい詰め物です。
患者さんからの要望で、メタルインレーは色が…。とか、セラミックスインレーの金額をかけたくない…。一回の治療で治したい。アレルギーも考えて体にメタルを入れたくない。などの悩みを解消できます。
医学的に言うと、自由に形成•接着できるため歯を削る量が少なくてすむ。破折しても即日修復可能。
いいことばかりのようですが小さい詰め物に限られます。大きな力の掛かる部位はメタルやセラミックスによる修復が必要です。

 

写真1・2(左・中央)講習会の実習を行った際の歯牙模型です。

左:bilaminar technique+pre-tint technique

中央:monolaminar technique+post-tint technique

詰め方の違いで見え方が違ってきます。
茶色いのは虫歯じゃなく歯の着色を再現してます。当然白くもできます。

虫歯の深さによって削る量も変わってきます。
左の写真は虫歯の浅い場合の詰め方で2層構造です。
右の写真は虫歯の深い場合の詰め方で3層構造です。
どちらがよく見えますかねー?
個人的には右のほうが好きです!
ダイレクトボンディングは歯を削る量が少なくてすみ、メタルを体に入れない、一回の来院で治療が終わる、など有効な治療法です!
適応症はしっかり選んで治療することが大切です!

 

写真3(右)最後に3兄弟!

  • 歯を削る量が少ない虫歯治療!
  • 歯を削る量が少ない虫歯治療!
  • 歯を削る量が少ない虫歯治療!
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら