ブログ一覧

歯肉が下がってしみる!

当医院では虫歯や歯周病の治療以外にも様々な治療を求めて来院していただいております。様々な最新治療オプションで対応しております。

今日は歯肉が下がってしみる。といった主訴の患者さんの治療を紹介います。結構います、、、歯肉が下がってしみる方。
歯肉が下がる原因は、強い噛み合わせ、オーバーブラッシング、古いCR充填(プラスチック樹脂の詰め物)等が原因と言われております。

下の写真は初診時です。
歯肉が下がった原因はオーバーブラッシングで歯肉が下がり、そこに前医によりプラスチック樹脂を充填されたことにより更に歯肉が下がっております。

  • 歯肉が下がってしみる!

歯肉が下がった部位にプラスチック樹脂の充填(CR充填)を行うと異物反応を起こし更に歯肉が下がってしまいます。
では、下がってしまった歯肉を治療するにはどうするか?歯肉を作ればいいのです。
新たに歯肉を作りには歯肉が豊富な部位(上顎の口蓋側)から移植する方法があります。結合組織移植術と言われております。
ここ10年程で急速に発展してきている治療法です。
左の写真が結合組織
右の写真が術直後

処置時間は局所麻酔下で40分ほど。術後の腫れや疼痛はほとんどありません。

 

  • 歯肉が下がってしみる!
  • 歯肉が下がってしみる!

術後2週間後の状態です。
この結合組織移植術は、ご自身の歯肉ですから全く拒否反応を示さない為、術後の痛みや腫れはほとんど出ません。

診査診断をしっかり行い適切に処置することにより安全に行うことができます。
体に異物を入れないで治療を行えることは究極の治療ではないかと思います。

 

  • 歯肉が下がってしみる!
  • 歯肉が下がってしみる!

術前と術後の状態です。
まだ2週間ですがもう少し治癒し傷口が消えてきます。
歯肉が下がってしみる方、簡単に治療終える前にご連絡いただければ幸いです。

  • 歯肉が下がってしみる!
  • 歯肉が下がってしみる!
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら