ブログ一覧

喫煙と歯周病の関係について!

こんにちは。目黒線奥沢駅前2Fで6月4日に開業予定のkei dental clinic okusawa @院長 羽場敬祐です!今日は現在勤務している新宿の医院近くでは花見見学の人が多くより一層、賑やかな町並みになっておりました。明日は天気が荒れている様なので今日が花見本番と行った感じなのでしょう。

今日の診療はサイナスリフトという術式を併用したインプラント3本埋入を行ってきました。天気も良く気持ちいい気候で手術も上手く行えたため患者さんも笑顔で帰られてました!
サイナスリフトというのは上顎臼歯部に埋入をする際は頻度の高い処置です。
どの治療も同じなのですが、成功の秘訣は喫煙と歯周病が関係してきます。


写真1(左)因に以前サイナスリフトを行った時の術前、術後のCT画像です。術前です。黒く抜けているところは骨が無いところで白くなっているところが骨のあるところです。上顎大臼歯部は解剖学的に骨が少ないです。

写真2(右)術後です。白くドーム型になっているところは人工骨を足したところです。

※画像をクリックすると全体図がでます。

 

今回は骨がかなり薄いため人工骨が固まってから後日インプラント埋入を行います。

この術式は複雑そうにみえますが症例数をこなしていれば実は簡単な方法なんです。
しかも痛みがほとんど無いのもこの術式の特徴です!
骨が無くて上顎大臼歯部のインプラントが無理だと言われた患者さんでも一度診せて頂ければと思います。

本題が少しズレたのですが、こういった術式を成功させるには喫煙と歯周病が関係するというテーマで少し話してみます。
喫煙するとニコチンの作用により歯肉、骨内の血管が収縮し、血液の流れが低下するため、骨を作ったり、治癒の促進も低下していきます。
よって、インプラントや歯周治療の成功率を上げるためには禁煙をすることも大切です。
ニコチンの血管収縮作用によって歯周病が進んでいても歯ぐきは引き締まった状態に見えるので腫れた感じはありませんが、歯周病が進行している場合が多いようです。
では、喫煙するとどのくらい歯周病になりやすいのでしょうか?
1日10本以上吸う人と非喫煙者を比べると5倍以上の危険率が上がることが分かっております。
禁煙が体の健康だけでなく歯周病のリスクも下げてくれるため、是非禁煙を考えてみてはいかがでしょうか?
愛煙家の人たちには頭の痛い話でしたが、患者さんドクター、衛生士と互いに相談しつつ無理せず徐々に少なくしていき禁煙できるといいですね!

KEI dental clinic okusawaでは、インプラントだけではなく、高品質の審美治療、根管治療、歯周病治療、入れ歯治療、矯正治療を行い、治療後のサポートにも全力でバックアップいたします

お口の中のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度相談にお越しださい。

  • 喫煙と歯周病の関係について!
  • 喫煙と歯周病の関係について!
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら