インプラント

安易にインプラントを選択しないでください。インプラントは最終手段です

「歯を失ったからインプラント」ではありません

インプラント治療はあくまでも、しっかり噛み、体の健康を維持する一つの方法にしかすぎず、インプラントを行っただけで健康が約束されるものではありません。また、インプラント治療が必要な患者さんの多くは、複合的な問題があるためお口全体の包括的治療も必要です。しっかりカウンセリング、診査診断を行い、患者さんが納得した上で治療を行う必要があります。

自由が丘奥沢歯科「KEIデンタルクリニック」では、治療前の精密な検査・診断を徹底的に行います。患者さんのお口の状態が入れ歯で問題なければ、インプラントではなく入れ歯をお勧めしています。

安心で安全なインプラント治療が当クリニックでできる理由

安心で安全なインプラント治療が当クリニックでできる理由

KEIデンタルクリニックでは安心で安全なインプラント治療をおこなうために、院長自ら執刀しています。また、精密で正確な検査や、衛生的なオペ室で患者さんの安全を確保し、無痛治療を実現する静脈内鎮静法や正確な治療をおこなうためのインプランターの導入など、患者さんにご負担をかけない工夫もしています。

豊富な経験と実績を持つ院長が執刀

豊富な経験と実績を持つ院長が執刀

当クリニックではインプラント治療における手術に関して、院長自身が執刀を担当しています。院長は、これまで豊富な経験と実績を積んでまいりました。また現状に満足することなく、さまざまな勉強会に参加してインプラントについて学び、研鑽を重ねています。

単純にインプラントを埋入するだけでなく、骨が少ない方に対して、骨造成処置などをおこなって対応することも可能です。ほかの歯科医院でインプラント治療を断られた場合でも対応できる場合がありますので、あきらめずに一度ご相談ください。

歯科用CTによる正確な精密な診査診断

歯科用CTによる正確な精密な診査診断

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋め込みます。したがって、手術前に骨の状態をくわしく調べておくことが大切です。当クリニックでは、顎の骨の検査に歯科用CTを使用しています。

歯科用CTでは、従来のレントゲンでは確認できなかった、患者さんの顎の骨量や厚み、神経・血管の位置まで正確で精密に把握できます。CTによる立体画像によって、コンピューター上でインプラントを埋め込む際のシミュレーションをおこなうことも可能です。

環境の整ったオペ室での治療

環境の整ったオペ室での治療

インプラントの手術は、個室のオペ室でおこなっています。安全かつ清潔な環境のもとで手術をおこなうので、徹底した滅菌対策が可能。暗くて確認しづらい口腔内を明るく照らすオペライトや、室内の空気をきれいにする空気清浄機なども備えています。

麻酔科医による静脈内鎮静法で痛みのない治療を実現

麻酔科医による静脈内鎮静法

インプラントの手術は通常の歯科治療よりも大がかりで、治療時間も長く、恐怖心や緊張感を持たれる患者さんも多いようです。当クリニックでは、とくに恐怖心や緊張感の強い患者さんに対して、静脈内鎮静法という方法をとっています。

静脈内鎮静法は、点滴で静脈に鎮静剤を直接注入する方法で、患者さんの恐怖心や緊張感をやわらげる効果があります。治療の痛みはなく、不快な音も気になりません。専門の麻酔科医がしっかり経過観察していますので、安心して処置を受けていただけます。

からだへの負担を軽減するインプランターを使用

からだへの負担を軽減するインプランターを使用

インプラントの治療では顎の骨に穴を開けてインプラントを埋入します。当クリニックでは、「インプランター」という装置を使用して、穴を開けるときのドリルの回転数をコンピューター制御しています。これにより安全な速度で骨を削ることができ、からだへの負担も軽減可能です。

信頼あるメーカーのインプラントを使用

信頼あるメーカーのインプラントを使用

当クリニックでは、アメリカのBiomet 3i社で製造されている歴史のあるインプラントシステムを使用しています。BIOMET 3i社はアメリカでシェアNo.1。「骨が不良な部位における治癒実績を改善した唯一のインプラント」としてFDA(米国食品医薬品局:日本でいう厚労省)に認められております。

【術後について】

ハイレベルなインプラント治療

当クリニックでは難易度の高いインプラント治療にも対応します。細心の注意を払って、心を込めて治療にあたっています。他院で断られた方でも治療可能な場合もありますので、一度ご相談ください。

即時埋入
  • 術前
    術前
  • 術中
    術中
  • 術中
    術中
  • 術後
    術後

抜歯手術とインプラント埋入手術を同時におこなう方法です。高度な技術が要求されますが、その分、患者さんの負担は大きく軽減されます。

ALL ON 4

ALL ON 4

通常のインプラントでは、口腔内すべての歯の機能回復を図るには片顎に10本前後のインプラントが必要です。これに対し「ALL ON 4」は、片顎のすべての歯の機能を最小4本のインプラントで回復させます。埋入本数が減らせるため、からだの負担を軽減し、費用も抑えられます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

2~4本のインプラント埋入で入れ歯を固定する治療法です。将来、顎の骨が痩せていった場合でも、入れ歯が安定するというメリットがあります。

フラップレス
  • フラップレス
  • フラップレス

メスをつかって歯肉を切開せずに、インプラントを埋入する穴しか開けない治療法です。歯肉を切らないため、術後の腫れがなく、オペ時間を短くできて傷の治りも早いというメリットがあります。患者さんのからだへの負担が少なくてすみます。

「骨が足りない」といわれた方への治療法

インプラントを埋入するための顎の骨が足りない場合でも、骨を増やすことによってインプラント治療ができることがあります。ここでは、骨を増やす再生治療について説明します。

サイナスリフト
  • 術前
    術前
  • 術中
    術中
  • 術後
    術後

「サイナス」とは上顎の空洞部分のこと。サイナスリフトは上顎の骨が薄く、5mm以下の場合などにおこなう再生療法です。歯ぐきの側面から穴を開け、上顎洞粘膜を押し広げてできたスペースに自家骨や人工骨などを注入。骨を増やして、インプラント治療ができる環境を整えます。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト

上顎の骨が5mm以上ある場合におこなう再生療法です。インプラントを埋入する穴から上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げ、そこに骨補填材を注入。インプラントを埋入するために必要な骨の量を確保します。

GBR
  • 術前
    術前
  • 1次オペ
    1次オペ
  • 2次オペ
    2次オペ
  • 仮歯術後
    術後

おもに下顎に対しておこなう再生療法です。「メンブレン」という人工の膜で骨を覆い、再生を促します。人工骨や自家骨などを移植し、骨の量を増やしていきます。インプラントを長く持たせるために骨と歯ぐきの移植を行っております。安定するまでに時間がかかりますが、歯周病の治療にもつかわれている安全な治療法です。

「歯ぐきが足りない」といわれた方への治療法

歯ぐきが下がったり痩せてしまったりして、インプラントを埋入する部分が不足した場合、移植手術をおこなうことによって歯肉を増やすことができます。

FGG(遊離歯肉移植術)
  • FGG(遊離歯肉移植術)
  • FGG(遊離歯肉移植術)
  • FGG(遊離歯肉移植術)
  • FGG(遊離歯肉移植術)

付着歯肉がない場合や骨移植後に付着歯肉が失われた場合などに、歯肉を移植する手術です。長期にわたってインプラントのまわりに安定した歯周組織をつくることが可能になり、歯肉も強化されメンテナンスも容易になります。

CTG(結合組織移植術)
  • CTG(結合組織移植術)
  • CTG(結合組織移植術)

上顎の前歯のインプラント治療において、上顎から結合組織を採取して、歯肉が不足している部分に移植して厚みをつくる手術です。これによって、歯肉が退縮してしまうことを防ぎ、長期にわたって歯周組織の厚みを安定確保できます。また、見た目もよくなり審美的にも改善されます。

症例紹介

症例の詳細は各見出しをクリックするとご覧いただけます。

症例1
(60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている
  • Before
  • After
  • Before
  • After

右下にインプラントを2本埋入しました。左下はインプラントを2本埋入し、骨の足りないところにはGBR(骨造成)をおこないました。

(60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている

遊離歯肉移植(FGG)をおこなうため、歯肉を受容床から採取しました。

  • (60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている
  • (60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている

インプラント2次オペ時の写真です。右下臼歯部は手前の歯に破折がみられたので、インプラントを追加で埋入しました。以前埋入されていた部位には、インプラントを守るための強い歯肉をつくるために「遊離歯肉移植」をおこないました。左下臼歯部に関しても、遊離歯肉移植をおこないました。

  • (60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている
  • (60歳代女性)義歯ではなくインプラント治療を希望されている

治療終了時です。左右の臼歯部には強い歯肉がつくられています。今回の治療で白く強い歯をつくるだけでなく、インプラントを守る骨と歯肉を同時につくりました。これによって、インプラントが長期にわたって安定するだけではなく、まわりの歯を健全な状態で守ることができます。

症例2
(60歳代女性)前歯が折れた
  • Before
  • After
  • Before
  • After

前歯2本が歯根破折によって抜歯されています。抜歯により骨の萎縮と歯肉の萎縮がみられます。治療計画はGBR(骨造成)と同時にインプラントを2本埋入予定です。骨と歯肉が少ない状態でインプラントをおこなうと歯は長くなり、見た目もメンテナンス性も悪くなってきます。

(60歳代女性)前歯が折れた

インプラント2本埋入と同時に、インプラントを支える骨の少ないところにGBR(骨造成)をおこないました。もともとあった骨のラインまで骨造成をおこないました。

  • (60歳代女性)前歯が折れた
  • (60歳代女性)前歯が折れた

インプラント埋入前後の写真です。骨造成によって歯肉の増大がみられます。

(60歳代女性)前歯が折れた

インプラント2次オペ時の写真です。GBR(骨造成)をおこなっていたため、骨の造成がみられます。

(60歳代女性)前歯が折れた

歯肉の厚みを出し、インプラントの長期的な健康を維持するため、結合組織移植をおこないました。

(60歳代女性)前歯が折れた

骨の造成と歯肉の造成をおこなうことによって、もともとあった歯肉のラインまで戻すことができました。

(60歳代女性)前歯が折れた

治療終了時です。歯肉のラインがそろい、見た目が美しくなりました。またご自身でのプラークコントロールも簡単におこなえるようになりました。

症例3
(40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる
  • Before
  • After
  • Before
  • After

(40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる

上顎骨が極端に少ない場合はサイナスリフトによって骨造成をおこないます。

  • (40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる
  • (40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる

インプラント1次オペ時にサイナスリフトと同時にインプラント埋入をおこないました。この程度の手術であれば40分程で終了します。術後はほとんど痛みがありません。6~8ヶ月後にインプラント2次オペをおこないました。角化歯肉獲得のため根尖側移動術をおこないました。

(40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる

治療終了時です。インプラントのまわりに強い歯肉に囲まれた歯ができています。

(40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる

(40歳代男性)歯が原因の蓄膿症で膿みが出てくる

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)とは、上顎臼歯部にインプラントを埋入する際、上顎洞までの距離が短く、そのままではインプラント埋入できない場合におこなわれる手術です。上顎洞底粘膜(シュナイダー膜)を押し上げてできたスペースに骨移植をおこないます。他医院で骨が少ないと診断されインプラント治療を断られた患者さんは、一度ご相談いただければと思います。

症例4
(50歳代女性)ブリッジのすき間に物が詰まって気になる
  • Before
  • After
  • Before
  • After

前歯2本が抜歯されています。2本のインプラント埋入をおこないました。骨造成、歯肉造成を同時におこなっているため、見た目も美しく治療できました。

症例5
(40歳代女性)前歯がグラグラして噛めない
  • Before
  • After
  • Before
  • After

(40歳代女性)前歯がグラグラして噛めない

  • (40歳代女性)前歯がグラグラして噛めない
  • (40歳代女性)前歯がグラグラして噛めない

歯根破折のため抜歯をおこない、即日インプラント埋入をおこないました。抜歯即時埋入は治療期間を短縮することができます。しっかり診査・診断し骨に炎症が少ない場合、適応可能となります。抜歯即時埋入は審美的にも有効な手術方法です。インプラント2次手術時に結合組織移植(CTG)で歯肉を増やし、クラウン(被せ物)を被せたあとの歯肉退縮を防止しています。

症例6
(60歳代男性)噛めないため歯を入れてほしい
  • Before
  • After
  • Before
  • After

初診時、上顎には治療後の不良歯が多くみられました。臼歯部には骨が少なく、サイナスリフト(上顎洞底挙上術)をおこなう必要があります(Before)。「仕事の都合上、治療期間を短くしてほしい。また手術後に歯がないのは困るため、即日歯を入れてほしい」との希望がありました。費用的、治療期間的にも負担を少なくするためAll on 4による治療計画を立てました。All on 4とは抜歯と同時に4本のインプラントを埋入し、即日仮歯を装着しその日のうちから軟らかいものであれば噛むことができる治療法です。

インプラントを4本埋入後、仮歯を装着した状態のレントゲン写真です(After)。骨の硬く分厚い部位に長いインプラントを傾けて埋入することにより、即日の装着が可能です。サイナスリフトをおこなう必要がないため治療期間を短縮することができます。

(60歳代男性)噛めないため歯を入れてほしい

手術終了直後の状態です。仮歯が装着されています。軟らかいものであれば手術当日から噛むことができます。

症例7
(50歳代男性)歯がグラグラで噛めない
  • Before
  • After
  • Before
  • After

「受け口」という噛み合わせの問題がありました。こういったケースでAll on 4をおこなう場合、最終的な被せ物の形態を考え、インプラントの傾きを小さくして埋入しています。

(50歳代男性)歯がグラグラで噛めない

All on 4手術直後の仮歯を装着した状態です。抜歯、インプラント埋入、仮歯装着まで同じ日におこなっています。骨が結合するまで6ヶ月ほどの期間を開けてから、最終的な被せ物を製作していきます。

料金紹介

種類 単位 単価(税抜き)
インプラント+上部構造 1本 ¥300,000
抜歯+テルプラグ(骨が極端に少ない場合) 1本 ¥10,000
サイナスリフト 1部位 ¥100,000~200,000
GBR(メンブレン) 1歯 ¥50,000~100,000
ソケットリフト 1歯 ¥50,000
FGG(遊離歯肉移植術) 1部位 ¥50,000
CTG(結合組織移植) 1部位 ¥50,000
APF(根尖側移動術) 1部位 ¥50,000
FOP(歯肉弁剥離掻爬術) 1部位 ¥50,000
静脈内鎮静法・点滴 一式 ¥50,000
インプラントステント 1個 ¥30,000

KEIデンタルクリニックへのアクセス方法はこちらへ <東急目黒線 奥沢駅 徒歩0分> 電話:03-5499-0020