ブログ一覧

クラウンを被せる前に大切なこと!!

こんにちは。目黒線奥沢駅前2Fで開業しておりますのKEI DENTAL CLINIC OKUSAWA@院長の羽場敬祐です。

今日はクラウンを被せる前に大切な仮歯についてお話します!
古い被せ物を外した場合、歯が無い状態で帰ってもらうわけにはいかないので仮歯を入れてもらってます。
仮歯の役割は、治療中の歯がしっかり噛めるか?のチェック、噛み合わせの安定、歯肉の安定のために入れます。
当然、仮歯においても噛めるのは最低条件です。
もう一つ重要なのが歯肉の安定させることができます。
具体的に言うと、古い被せものによってダメージを受けている歯肉を適合の良い仮歯を入れる事によって健康な状態に治療してあげる事が出来ます。

 

写真1(左)根管治療、歯周治療が終わりクラウンを製作する状態まできてます。
仮歯をチェアサイドで作り治療終了まで使っていただき歯肉の治り、噛み合わせのチェック、クラウンのマテリアル(素材)の選考を行っております。

写真2(右)最終クラウンが入った状態です。
セット直後ですが歯肉がクラウンに馴染んで自然な歯の立ち上がりができています。
色が綺麗、噛めるといった事は最低条件で、より上質なものとなると歯肉への馴染んでいるかどうか。だと思います!
仮歯の適合が悪ければセット直後にここまでの歯肉の馴染はでません。

  • クラウンを被せる前に大切なこと!!
  • クラウンを被せる前に大切なこと!!

写真3・4(左右)仮歯の適合チェック
チェアサイドで作った割にはそこそこ適合は良いですね!
仮歯は、最終クラウンが入るとお役御免となるため作業模型(患者様の歯のレプリカ模型)に仮歯を被せてみて患者さんの歯とどの程度適合していたのかをチェックしてる写真です!
この適合の精度が悪ければ、患者さんに適合の悪い仮歯をいれてたことになりますし、精密な型取りや精密なクラウンも作れなくなります。
精度の良い仮歯ならばダメージを受けていた歯肉も早く治ります。→クラウンも精密に作れます。→虫歯や歯周病の予防になります。→歯の寿命が伸びます。

仮歯はすべての治療ステップで大切になってきます。さらに治療後の歯の寿命にも関わってくる程の大切なステップなのです!

KEI dental clinic okusawaでは、インプラントだけではなく、高品質の審美治療、根管治療、歯周病治療、入れ歯治療、矯正治療を行い、治療後のサポートにも全力でバックアップいたします

お口の中のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度相談にお越しださい。

  • クラウンを被せる前に大切なこと!!
  • クラウンを被せる前に大切なこと!!
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら