ブログ一覧

骨が少ない!ならば骨は作る!

こんばんは!目黒線奥沢駅前2Fで6月4日に歯科医院を開業予定のKEI dental clinic okusawa@院長 羽場敬祐です。
花吹雪が舞うこの頃、皆様におきましてはお変わりありませんでしょうか?
kei dental clinic で一緒に働いてくれる衛生士さんと食事をし、医院の方針、将来の医院像を語り合ったりで開業に向け奮闘中です!
スタッフは家族であり宝です。時には厳しく、時には優しく!コンセプトを持ったぶれない医院を作って

いきたいと思います!スタッフの皆さん、患者さん、頑張っていきましょう!

さて、お仕事面ではにソケットリフト(小さい骨造成)を併用したインプラント埋入を行ってきました。今日は、ソケットリフトについてお話します。

 

写真1(左)初診時の状態です。40歳代男性、主訴は歯を入れてほしい。右上5、6、7番が抜歯されています。

写真2(中央)今回の患者さんではないですが、インプラント体を埋入しソッケトリフトを行った状態です。赤線が上顎洞粘膜を拳上した状態です

写真3(右)術前の側面観です。

  • 骨が少ない!ならば骨は作る!
  • 骨が少ない!ならば骨は作る!
  • 骨が少ない!ならば骨は作る!

写真4(左)術後の側面観です。インプラント部にはメタルボンドクラウン(変形が無く、プラークも付かないセラミッククラウン)を被せています。

写真5(中央)術後の咬合面観です。

写真6(右)2次オペの際はインプラントの周囲組織を強くするため遊離歯肉移植(歯肉の補強)を行ないました。今直ぐ歯肉を移植した効果が出るのではなく10年後20年後のインプラント周囲を守るために行っています。必ず行うのではなく必要ある場合は行います!

  • 骨が少ない!ならば骨は作る!
  • 骨が少ない!ならば骨は作る!
  • 骨が少ない!ならば骨は作る!

写真7(右)術後1年の状態です。しっかり噛めてます。遊離歯肉移植(歯肉の補強)を行っているため歯肉の位置、インプラント周囲の歯肉状態も良好です!

 

他医院で骨が少なくインプラントが出来ないと言われた場合でもkei dental clinicではインプラントを行う事が出来ます!是非お悩みの方は相談して頂けたらと思います!

KEI dental clinic okusawaでは、インプラントだけではなく、高品質の審美治療、根管治療、歯周病治療、入れ歯治療、矯正治療を行い、治療後のサポートにも全力でバックアップいたします。

お口の中のことでお困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度相談にお越しださい。

  • 骨が少ない!ならば骨は作る!
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら